ブログ

image
2016年07月10日

食器で「素敵な時間」を過ごしてくれたら嬉しいです。

喰場の心の齊藤です。 暑くなって来ましたね~。皆さん熱中症にならない様に気を付けてくださいね。   さて今日は、お客様がわざわざご来店してくださるのだから「素敵な時間」を過ごして欲しいって話です。 お店ってその店その店でこだわりがあります。そのこだわりがお客様にとって「素敵な時間」に繋がればお店としてこんなに嬉しいことはありません。飲食店なら料理が美味しいのは当たり前ですが、喰場の心で言うなら、前回ご紹介したトイレもこだわりの1つです。あっそう言えば、伊勢丹メンズ館と喰場の心のトイレは一緒でした(笑)。 前回のブログはこちら http://kubanokokoro.jp/blog/486/   今回は喰場の心でお出しする食器をご紹介することで、お客様の「素敵な時間」の一翼を担って頂ければと思います。   先ずは、当店で一番扱い数の多い「とうしょう窯」の食器。業務用のみの食器という訳ではないので、とうしょう窯の店舗さんは個人のお客様でも賑わっています。 最初にご紹介するのはランチで使っている「JAPAN」。料理人の原さんと一緒に買いに行って決めた2人のでお気に入り♪。 そして、揚げ物や焼き物で使用している「ta・ta・ra しなもん 三角ボウル」 折り畳んで焼き上げている変わった食器です。 次が「KAIRAGI」3個程度の牡蠣などで使っています。これも渋い! 日本酒1合で使う「ta・ta・ra Ha-ko」と「JUN-純- ライン手付酒器」のコンビ。氷を敷き詰めていますのでお酒がぬるくなりません。半合でお出しするシャンパングラスと同様にお客様が感動してくれます。 とうしょう窯さんのホームページはこちら http://www.tousyougama.com/   次はご縁があって友達になったRiyonのミワちゃんから仕入れた食器です。 ディナーのお通しで使用している「亜土里窯」の益子焼。 ミワちゃんのお店では他にも目移りしちゃう素敵な食器が色々あります。ホントは他にも仕入れたい陶器があったんですが断念しました。仕入れたい食器があり過ぎっていう位、良い陶器が揃っているんですが、この時はまだ料理人さんがいなくてメニューが決まっていなかったんです。 良かったらミワちゃんのサイトも覗いてみてくださいね〜。 美人で一生懸命で面白い三拍子揃ったミワちゃんのサイトはここから mamemameriyon.cart.fc2.com   そしてディナーで人気の茶そばに使う食器は竹虎さんです。僕の本家が蕎麦屋という事もあり、これもかなり拘った(探した)食器の1つです。 竹虎さんのホームページはこちら http://www.taketora.co.jp/fs/taketora/c/   まだまだ「カガミクリスタル」の酒器や「伊勢丹」で仕入れた天然貝の箸置き・ランチマットなどご紹介したいんですが、長くなっちゃったので今日はここまで。またご紹介しますね♪。 最後まで読んで頂き、ありがとうございます。     海鮮酒場 -喰場の心- 住所 〒162-0065 東京都新宿区住吉町6-10 小松ビルB1 アクセス 曙橋より徒歩1分 TEL 03-6274-8866 営業時間 ランチ 11:00~14:00 ラストオーダー13:45 ディナー17:00~0:00 ラストオーダー(お食事22:50 ドリンク23:30) お休み…

$logo_alt
2016年07月05日

女性のためのトイレ(トイレの齊藤さん)

喰場の心の齊藤です。 今日は、当店の眞田さんがこだわったトイレを動画でご紹介いたします。 サイズを小さくしないと動画をアップ出来なかったので画像が荒いですがご了承下さい。 お伝えしたいのは、ドア以外、手で触れる所がないトイレって事です。 最後の方は、暗くてわかり辛いですが、ゴミ箱もセンサーで開きます。 1分6秒お付き合い下さいm(__)m。 IMG_9443     海鮮酒場 -喰場の心- 住所 〒162-0065 東京都新宿区住吉町6-10 小松ビルB1 アクセス 曙橋より徒歩1分 TEL 03-6274-8866 営業時間 ランチ 11:00~14:00 ラストオーダー13:45 ディナー17:00~0:00 ラストオーダー(お食事22:50 ドリンク23:30) お休み 日曜・祝日・年末年始 当店Facebookはこちら http://bit.ly/1Ors77U

IMG_6111
2016年07月03日

「喰場の心」の店名の由来

こんにちは~、喰場の心の齊藤です。今日はお店がお休みです。 皆さんはいかがお過ごしでしょうか?夜もとても暑いので体調を崩されませんように。   さて以前、Facebookでもご紹介したのですが、お客様から依然「喰場の心(くばのこころ)」の由来を聞かれますので」あらためてご紹介しますね。 語源は「狗馬之心(くばのこころ)」という四字熟語 狗馬之心(くばのこころ)とは・・・ 自分の誠意の謙称。犬や馬が、自分を養ってくれた主人に対し、恩を忘れず仕えるように、ささやかながら恩返しをさせて頂くと言う意味。   僕は、お客様への恩(感謝)を忘れず、料理とお酒+楽しい時間をご提供する事で、皆さんに恩返しが出来ればと思い「喰う場所」の漢字を充てました。   ネーミングにこだわった結果、ネット検索しづらく、お客様にはご迷惑をおかけしておりますが、僕はこの店名「喰場の心」が大好きです。 引き続きお付き合いして頂ければ幸いです。   SEO対策と逆行してますね(笑)。     海鮮酒場 -喰場の心- 住所 〒162-0065 東京都新宿区住吉町6-10 小松ビルB1 アクセス 曙橋より徒歩1分 TEL 03-6274-8866 営業時間 ランチ 11:00~15:00 ラストオーダー 13:45 ディナー 17:00~0:00 ラストオーダー(お食事22:50 ドリンク23:30) お休み  日曜・祝日・年末年始 当店Facebookはこちら http://bit.ly/1Ors77U

IMG_9309
2016年06月30日

祝🎊 ランチが1日で50食♪

海鮮酒場 喰場の心(くばのこころ)の齊藤です。 6月13日からランチを開始して、12日間の注文ランキングを出しました。 さすが海鮮丼、独走です。 2位はザンタレ定食でした。「ガッツリ食べたい派」の支持を得ている様です。※北海道で鶏の唐揚げをザンギと呼びます。ザンギにタレをかけたのがザンタレです。 3位は本日の魚定食。数量限定なので数こそ伸びませんが美味しいのは確かです。ちなみにその時によって魚の種類や料理方法(焼きや煮付け)が変わります。 4位は新メニューのぶた丼♪。2日間での集計ですので数が少ないですが、東京で「ぶた丼」を出しているお店はあまりありません。本場北海道のぶた丼のイメージを料理人の原さんが具現化+関東のお客様に合う様に工夫された1食です。個人的には一押しです。   ちなみに本日のランチ・・・ 海鮮丼 27食 ぶた丼 10食 ザンタレ定食 10食 本日の魚定食(銀だらの煮付け) 3食   50名のお客様にご来店頂きました! お客様に感謝するとともに、後半はご飯が足りなくなり提供時間がかかってしまって申し訳ありませんでした。 改善して参りますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。   海鮮酒場 -喰場の心- 住所 〒162-0065 東京都新宿区住吉町6-10 小松ビルB1 アクセス 曙橋より徒歩1分 TEL 03-6274-8866 営業時間 ランチ 11:00~15:00 ラストオーダー14:30 ディナー17:00~0:00 ラストオーダー(お食事22:50 ドリンク23:30) お休み   日曜・祝日・年末年始 当店Facebookはこちら http://bit.ly/1Ors77U

2016年06月29日

ブログ始めました

都営新宿線の曙橋駅A2出口より徒歩1分。海鮮酒場 喰場の心(くばのこころ)の齊藤です。 ホームページが公開になり、ブログを始めました🎉。 今後、日本酒の入荷情報などもホームページ内から随時ご案内いたしますので引き続き、よろしくお願い致しますm(__)m。 当店では十四代、田酒、飛露喜、而今、醸し人九平次、磯自慢の他、季節のお酒(今は夏酒)を含めて50種類程の日本酒を取り揃えております。 人気の刺盛りに合わせて、お好きなお酒を見つけてくださいね♪   海鮮酒場 -喰場の心- 住所 〒162-0065 東京都新宿区住吉町6-10 小松ビルB1 アクセス 曙橋より徒歩1分 TEL 03-6274-8866 営業時間 17:00~0:00 お休み 第2,4土曜・日曜・祝日・年末年始 当店Facebookはこちら http://bit.ly/1Ors77U